契約から施工までの流れ

太陽光発電システムの施工の流れをご説明します。
K様邸の施工を例にさせて頂きました。ご協力ありがとうございました。
※太陽電池モジュールは屋根の種類により、取り付け方法が異なります。

ご契約

クレジット支払いの場合は、信販会社よりご契約者様に契約確認の電話が入ります。

現地調査

お屋根の上・お家の中・外回りを工事担当者が確認させていただきます。屋内を拝見しますので、基本的にはお客様の立ち会いが必要となります。また、電力会社へ申請をする為、配線状況及び電線の太さを確認します。お時間は1時間ほどかかります。
後日、設置予定図面や発電シミュレーション、保証のご案内等を送付致します。

新規認定申請(新規のご契約の場合)

担当が新規認定申請を代行いたします。お客様のメールアドレスに、経済産業省より「パスワード設定」「確認と承諾」の2通のメールが届きます。
※増設の場合は不要です

工事の流れ

事前に営業または工事担当者より日程調整のご連絡を差し上げます。当日は朝9時頃にお伺い致します。悪天候により屋根工事が出来ない場合は電気工事のみ行い、後日屋根工事をさせていただきます。

周囲の安全、及び方角を念入りに確認し、作業に入ります。
パネルレイアウトに合わせラインを引き金具の位置を決めます。取り付けた金具回りの掃除をした後、変成シリコンでさらに防水処理を行います。支持金具の取り付けが終わったら、次はパネルが乗る架台の取付けです。高さを合わせてしっかり上下のナットで固定します。その後、パネルの配線取り回し工事を行います。パネル設置に先駆けて、発電した電気を集めるための配線を準備します。

パネルを下の段から順に取り付けて配線をつないでいきます。パネルを置き、パネル1枚1枚を固定していきます。設置固定が終わったら作業中についた汚れ(皮脂などの油分)をきれいにふき取ります。
パネルで発電した電気ケーブルを接続箱に繋ぎます。ここから、家の中に設置したパワーコンディショナに繋がっています。

施工は1日程度で完了します。現場責任者による取付け・発電チェックの後、お客様にシステムのご説明とともにお引渡しいたします。
※ 工事を起因とした家屋の損害(雨漏りも含む)が起こりましても、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社「PL保険(生産物賠償責任保険)」に加入していますのでご安心ください。

自社施工の強み

髙い技術力と豊富な実績を誇るプロフェッショナル集団
一般建築業の認可を受けており、お客様のさまざまなニーズにお応えし、信頼のおける施工工事をご提供しています。工事スタッフ全員がメーカー施工ID所得者であり、豊富な知識の基、柔軟な対応をご提供できます。
2000件以上の自社工事実績もあり、高い技術力を評価いただいております。
ご契約から施工までワンストップで対応
社内には、専門スタッフが常駐。毎週、社内ミーティングで個別対応にも即対応できる社内体制を充実させています。
お客様1件ごとに異なる屋根なので、細かい打合せが最も重要で、チーム力が強みです。
サポート体制とアフターフォロー
アフター管理部門に専属のスタッフが常駐しており、定期的な点検を実施しています。一貫したお客様の施工情報の管理を徹底している為、修理やアフターサービスもスピード対応しています。地震の情報があった際も、翌日にはお客様へ被害の有無の確認をさせて頂きスピーディな対応をしています。
産業用保守点検サービス
太陽光発電に関する専門技術協会「太陽光発電検査協会」の技術講習も終了しており、豊富な知識で産業用太陽光システムの保守点検サービスをご提供しています。資格を持った専門スタッフで構成され、FIT法改正により義務付けとなった保守点検をご提供しています。

連系工事

工事完了後に、太陽光ブレーカーが上がった状態で、パワコンのスイッチを入れていただきます。
この日から発電が開始され、余剰電力が電力会社へ流れます。

電力会社の現地調査

電力会社に申請した通りのシステムになっているかどうかの確認作業です。設置箇所を確認するため、お客様の立ち会いが必要です。事前に、電力会社より日程連絡を差し上げます。