太陽光発電投資

太陽光発電投資とは

太陽光発電投資とは、太陽光発電システムにより発電した電気を電力会社に販売し、収益を得る売電収入投資です。固定価格買取制度(FIT法)により、20年という長期間売電価格(電力会社の買取金額金額)が決まっているため、安定した投資商品となります。

GAIAが取り扱う太陽電池モジュールの特徴

CIS太陽電池は、主成分に銅(Copper)、インジウム(Indium)、セレン(Selenium)を使用しており、3つの頭文字をとりCISと呼ばれています。 従来の結晶シリコン系太陽電池に比べて、CIS太陽電池は高温時の出力ロスや部分的な影の影響も少なく、太陽光に当たると出力が上がるという性質をもっているので、実質的な発電量で結果を出すことがで可能です。

安定した実発電量

太陽光発電は、天気や気温などの条件によって実際の発電量も大きく変化します。従来の結晶シリコン系太陽光システムに比べ、CIS太陽電池はより高い実発電量を実現します。

省資源&カドミウムフリー

結晶シリコン系太陽電池の厚さが約200〜300μmであるのに対し、CIS太陽電池はその約100分の1に当たる約2〜3μm。原材料の使用量が少ないため省資源です。また、環境負荷が大きいカドミウムを排除し、鉛レスはんだを使用しています。

国内大手メーカー最長の出力20年保証

保証開始日から20年という長期に渡って、 太陽電池モジュールの安定した出力を保証します。

高い品質と耐久性

CIS太陽電池モジュールは、すべて国内工場で一貫生産しており、その品質と長期耐久性は世界的に高い評価を受けています。

投資物件のご紹介

● つくば発電所

設置場所 茨城県つくば市
土地面積 17,307㎡
価格(税別) 410,000,000円
売電単価 24円
年間予測発電量 1,555,361kWh/年
年間予測売電量(税別) 37,328,664円/年
系統連系年月 平成28年12月
表面利回り 9.1%
メーカー ソーラーフロンティア
モジュール枚数 170W×7,080枚
システム容量 1203.6kW
パワコン容量 500kW×2台

● 小美玉第1発電所

設置場所 茨城県小美玉市
土地面積 21,612㎡
価格(税別) 448,000,000円
売電単価 24円
年間予測発電量 1,696,355kWh/年
年間予測売電量(税別) 40,712,520円/年
系統連系年月 平成29年3月
表面利回り 9.0%
メーカー ソーラーフロンティア
モジュール枚数 170W×8,160枚
システム容量 1387.2kW
パワコン容量 500kW×2台

● ひたちなか発電所

設置場所 茨城県ひたちなか市
土地面積 17,078㎡
価格(税別) 311,000,000円
売電単価 24円
年間予測発電量 1,177,810kWh/年
年間予測売電量(税別) 28,267,440円/年
系統連系年月 平成29年3月
表面利回り 9.0%
メーカー ソーラーフロンティア
モジュール枚数 175W×6,000枚
システム容量 1050.0kW
パワコン容量 1,000kW×1台

● 水戸第2発電所

設置場所 茨城県水戸市
土地面積 24,545㎡
価格(税別) 650,000,000円
売電単価 24円
年間予測発電量 2,461,072kWh/年
年間予測売電量(税別) 59,065,728円/年
系統連系年月 平成29年2月
表面利回り 9.0%
メーカー ソーラーフロンティア
モジュール枚数 170W×11,840枚
システム容量 2012.8kW
パワコン容量 500kW×3台
490kW×1台


※所有権移転登記費用:別途
※その他オプションあり
※年間予測発電量、年間予測売電量はメーカーシミュレーション値です